泉 鏡花。 『泉鏡花』の作品一覧

泉鏡花

鏡花 泉

1937年(12年),由於在文學上的卓越昭著而被遴選為帝國藝術院會員,被評價為在的先驅。 が、あらためて、澄まない気がする。

14

泉鏡花的浪漫與幻想之境

鏡花 泉

場所も方角も、まるで違うけれども、むかし小学校の時分、学校近所の……あすこは大川 近 ( ぢか )の 窪地 ( くぼち )だが、寺があって、その門前に、店の暗い提灯屋があった。 (新字新仮名、作品ID:57475)• 本名鏡太郎。

4

泉鏡花文学賞

鏡花 泉

髯 ( ひげ )のある 親仁 ( おやじ )が、紺の筒袖を、 斑々 ( むらむら )の 胡粉 ( ごふん )だらけ。 併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。 霰ふる (旧字旧仮名、作品ID:4583)• 對於日本作家而言,1937年7月7日是極為關鍵的年日,因為中日之間從此進入了全面戰爭的狀態,日本則進入了戰時體制,許多作家被徵召到前線戰地打仗,言論自由受到嚴厲的緊縮,幸好泉鏡花已入老年(63歲),沒有捲入戰火砲聲之中,晚年時期的大作《薄紅梅》在《東京日日新聞》和《大阪每日新聞》連載,是年,他獲選為日本帝國藝術院的會員,在日本的文化地位上,比其他同輩作家更上層樓。

12

泉鏡花的浪漫與幻想之境

鏡花 泉

「ありがとう……提灯の柄のお力添に、片手を縋って、一方に 洋杖 ( ステッキ )だ。

12

作家別作品リスト:泉 鏡花

鏡花 泉

ああ、惜しい事をした。 緋 ( ひ )も桃色に 颯 ( さっ )と流して、ぼかす手際が 鮮彩 ( あざやか )です。

14

泉鏡花文学賞

鏡花 泉

不過,他十歲那年,母親因產褥熱(產後護理失調)病逝,享年二十八歲。 (新字新仮名、作品ID:3655)• 鏡花の幻想的なアイデアはどこから来たものなのか。 第26回 - 泉、五木、尾崎、半村、• (新字新仮名、作品ID:3543)• ……おじさん、おじさんが、むかし心中をしようとした、 婦人 ( おんな )のかた。

泉鏡花とは

鏡花 泉

思いやられる。

15

作家別作品リスト:泉 鏡花

鏡花 泉

1891年,他終於成為尾崎紅葉的門徒,過著住宿書生的生活。 毋庸說,母親的驟然離世對於年少的鏡太郎是莫大的打擊,這個急遽的人生變化,使他變得比同齡孩子來得早熟。 ……その勢だから……向った本堂の横式台、あの高い処に、 晩出 ( おそで )の 参詣 ( さんけい )を待って、お 納所 ( なっしょ )が、盆礼、お返しのしるしと、紅白の麻糸を三宝に積んで、小机を控えた前へ。

14